サポニンの健康効果

豆乳で摂る大豆サポニンで血液サラサラ

「サポニン」は、もともと大豆に含まれている成分です。
「サポ」は「泡」とか「泡のたつもの」という意味で、水を加えると発泡する性質(起泡性)があります。
この泡は腸内で宿便を解消して腸をきれいにしてくれます。
そのおかげで大腸がんをはじめ、その他のがんや各種の病気の予防に役立っています。

大豆サポニンには、血管に付着したコレステロールや脂肪などを洗い流して血管をきれいに掃除する働きもあります。
総コレステロールや中性脂肪の生成を抑えて分解し、血液をサラサラにします。
血栓の生成を抑え、コレステロールや中性脂肪の値を低下させるので、高血圧や動脈硬化、高脂血症を防ぐと考えられています。
腸管から吸収されたブドウ糖が脂肪に変化するのを抑制し、脂肪細胞に蓄積されるのも抑えられるので、常食することにより脂肪の代謝を促し、肥満体質の改善に役立ちます。


豆乳で摂る大豆サポニンの抗酸化作用

大豆サポニンには、強い抗酸化作用があり、動脈硬化の原因となる酸化脂質の生成を抑え、血管を正常な状態に保ちます。
動脈硬化は、狭心症や心筋梗塞、脳梗塞などの生活習慣病の原因にもなるので、サポニンを摂取することは健康を維持するのにたいへん有効です。

大豆サポニンは、大豆油の不飽和脂肪酸が酸化されて過酸化脂質に変化することを抑制します。
過酸化脂質は体内に発生したサビのようなもので、年齢とともに心臓や脳などいたるところにたまっていき、老化を促進させます。
大豆サポニンはガン予防や動脈硬化予防、お肌の老化防止にも効果的と言われています。

過酸化脂質は体内で血栓をつくるもとになり、動脈硬化を進め肝機能障害をおこします。
アルコールを飲まない方でも肝機能障害になる方が増えているのは、実は高脂肪食品の摂りすぎで過酸化脂質が蓄積されているのが原因なのです。
過酸化脂質ができるのを抑制することで、脂肪肝による肝障害を改善するといわれています。
肝機能障害にサポニンか有効なのは、過酷化脂質の生成を抑制するとともに、大豆のたんばく質が傷ついた肝細胞を再生させるはたらきがあるからです。
このような抗酸化作用で高血圧を予防します。

大豆サポニンは細胞の突然変異を抑制する作用があることも解明されており、がん予防やエイズの予防に対する研究も進められています。

サポニンで美肌とダイエット

Copyright (C) 2007 サポニンで美肌とダイエット All Rights Reserved.