茶サポニン

お茶サポニンの効果

お茶の殺菌効果成分と聞いて最初に思い浮かぶのはカテキンです。
茶葉にはカテキンやビタミンなどの有効成分が含まれているので、風邪の予防には、お茶でうがいをするといいという話など耳にされた方も多いと思います。

ところで、緑茶の苦味や抹茶の起泡性は茶葉サポニンによってもたらされます。
茶葉サポニンには「抗炎症作用」や「抗菌作用」があることが古くから知られています。
最近では「血圧降下作用」や「抗アレルギー作用」などの生理作用も判明してきました。
茶葉サポニンは茶葉中に約0.2%しか含まれておらず、カテキンやビタミン等の他の有用成分に比べると極微量成分と言えます。
ですので、これらの作用はあまり強くはありませんが、カテキンの持っている作用を補うものとして期待されています。

お茶には葉だけでなく実(種子)にもサポニンが含まれています。
種子には10〜13%のサポニンが含まれています。
この茶種子サポニンは、茶の実油を搾油したあとの茶の実油粕からも取得できます。
茶種子サポニンは茶葉サポニンとは化学構造が多少異なるため、その物性や特性が少し異なります。
茶種子サポニンには「去痰作用」や「抗炎症作用」があることが古くから知られています。
ゴルフ場でのミミズ駆除や、水田でのジャンボタニシ駆除にも利用されています。

近年の研究で、茶種子サポニンに「アルコール吸収抑制作用」があることも判明しました。
酵母や植物病原菌に対する「抗菌作用」や「殺ダニ作用」といった、食品関連産業、あるいは衛生関連産業への応用も期待されています。

農業関連産業への応用も期待されています。
茶の栽培では炭疽病が主要病害の一つとして懸念されています。
チャ炭疽病の防除には現在化学合成農薬が使用されていますが、環境への負荷軽減のため科学農薬に代わる防除剤の開発が試みられています。
茶種子サポニンは土壌菌などに対して抗菌効果があることが知られています。
茶種子サポニンがチャ炭疽病に対しても防除効果があると認められれば、環境負荷の少ない天然物由来の防除剤として、実用化が期待できます。

サポニンで美肌とダイエット

Copyright (C) 2007 サポニンで美肌とダイエット All Rights Reserved.